[PR] メルマガを読んで応募するだけ。毎週当選のチャンス!

2008年03月18日

ダイエットの満足感

 クッキーダイエットが失敗する原因のひとつに、楽しい夕食ができないことの不満があります。仕事を終えて、友人や家族とくつろぐひとときを、美味しい食事をしながら過ごす。この満足感が得られないことが、ダイエットをあきらめる原因になるのです。

 昔から「二兎を追う者一兎をも得ず」と言いますように、人間は2つのことを同時にすることはできません。夕食をダイエットクッキーに置き換える以上、おいしい料理を夕食で食べるということは不可能なのです。

 しかし、一番くつろぐ夕食を、友人や家族と一緒に食べられないという不満を抱えたままでは、この方法を継続することもままなりません。減量を続けながら、その不満をできるだけ感じないようにする方法を考えてみましょう。

 まずは、クッキーダイエットの方が、友人や家族と一緒に夕食をとることより楽しくなればよいのです。もしその方が楽しければ、何も不満はないでしょう。

 ダイエットの楽しみは、なんと言っても体重が減少していくことです。その喜びを感じやすくするために、体重を記録しましょう。日記を書いてもかまいません。最近はブログに、ダイエットの記録をとる機能もついているようです。毎日決まった時刻に体重を量り、その増減をグラフにしましょう。

 グラフを描くことで、体重が減ってきた様子がわかりやすくなります。ああ、ここまで減ってきたんだと、満足感が得られるでしょう。また、よし頑張ろうと、さらなる勇気も得られるでしょう。

 これは、「記録するだけダイエット」を利用したものです。クッキーダイエットを習慣化するには、この記録するだけダイエットがとても効果的です。

 さらに、休肝日ならぬ休ダイエット日を作ってみるのもよいでしょう。毎日毎日、同じようなクッキーでは飽きてくるでしょう。この日は友人と夕食と決めて、たまには減量することを休んでみるのです。ただし、体重の記録だけは忘れずに。そうしないと、そのままクッキーダイエット終了になってしまうかもしれませんからね。
posted by 炎のダイエッター at 21:00| Comment(0) | 理論と実践方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


[PR] 最大100%OFFの激安タイムクーポン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。